雑誌「理科の探検」でNMRパイプテクター®-NMRPT-が記事になりました

「理科の探検」でのNMRパイプテクター®-NMRPT-の記事は誤った内容で構成されています

雑誌「理科の探検」2019年4月号に小波秀雄氏が、配管内防錆装置「NMRパイプテクター®」についての記事を掲載しました。

小波氏は配管工事会社のOBの人物と連帯し、以前よりNMRパイプテクター®を誹謗中傷している人物です。

「理科の探検」の記事内容についても誤った情報や、NMRパイプテクター®について事実と異なる持論を展開し、誹謗するものとなっています。

この記事の中で小波氏は、「NMR(核磁気共鳴)という用語もまったくでたらめに使われている。」と述べ、続けて非常に強い(数万ガウスの)磁場でしかNMR(核磁気共鳴)は起きないと説明をしていることから、NMRをMRIなどの分折用NMR装置と完全に混同している事が考えられ、誤った内容の見解を示しています。

NMR(核磁気共鳴)現象に関しては、九州大学で2009年に開催された、日本核磁気共鳴学会での大阪大学の赤羽教授のグループによる論文で、地球磁場(0.5ガウス)のように弱い磁場でも起きる事が発表されています。

NMRパイプテクター®-NMRPT-について間違った事実を伝える小波氏

NMRパイプテクター®は特定の電磁波の他に、約1,000ガウスの磁場を発生しているにもかかわらず、小波氏はNMRパイプテクター®について自身の間違った解釈でNMRパイプテクター®は磁石を使っていないはずなので磁場を発生しない事からNMR(核磁気共鳴)も起きないと説明しています。

また、その逆に磁石の装置であるから防錆効果が無いと説明したり、配管工事会社の関係者の意図に沿って、事実無根にNMRパイプテクター®を誹謗しています。

また、小波氏は「理科の探検」内で、「電源もなしに電磁波を発生する素材はない」とも述べ、外部電源の必要無いNMRパイプテクター®は防錆効果を起こせないと、その機能について否定しています。

しかし、全ての物質から特定の電磁波が出ている事は、物理学者の間では一般的な常識であり、小波氏の「電源もなしに電磁波を発生する素材はない」との説明は自称物理学者としては初歩的な誤りと言えます。

また、小波氏は熱エネルギーを出さないNMRパイプテクター®からの電磁波を、自分勝手に熱エネルギーを出すマイクロウェーブと決めつけ、「マイクロウェーブになることもない」と述べ、NMRパイプテクター®の機能を根拠も無しに否定しています。

科学の常識として、Stefan–Boltzmannの法則によって、地球上に存在する物質の全ては、その絶対温度(K=℃+273.15)の4乗に比例する強さの電磁波を放射する事がわかっています。

また小波氏は、一般的に電磁波は鉄を通り抜けないと述べていますが、一部の電磁波は鉄を通過する事が知られています。

また、過去に一部の電磁波は鉄を通過する事が分かっている為、海底の深い所の潜水艦でも内部向け通信が可能でした。ニュートリノと同じように昔は、鉱山の地下深い所まで特定の電磁波は到達する事から、通信に使用されました。

NMRパイプテクター®の特徴である、赤錆を黒錆に還元する作用には、水の自由電子(水和電子)を利用しています。自由電子は通常、水の凝集体(クラスター)の内側にある為に、水の運動エネルギーで剥離放電されず、赤錆を還元する事はありませんが、水がNMRパイプテクター®を通過する事により水の凝集体を小さくし、自由電子が水の凝集体の外側に移動する為、その水が動く事で自由電子の剥離放電が起こり、その電子で赤錆を還元させます。

NMRパイプテクター®-NMRPT-は防錆効果を4,200棟のほとんどの建物で立証しています。事実無根の誹謗中傷にご注意ください

実際に4,200棟の客先のほとんどで、NMRパイプテクター®の防錆効果を検証している事を小波氏は理解せず、自分自身の知識の範囲でNMRパイプテクター®の効果を否定し、また、自分勝手に全て誤った解釈をベースにNMRパイプテクター®を事実無根に効果が無いと誹謗中傷しています。

関連リンク