NMRパイプテクター®-NMRPT -がTOKYO MXのビジネス番組「企業魂」で紹介されました

TOKYO MXのビジネス番組「企業魂」にて
NMRパイプテクターが紹介されました。

はじめに

高度成長期からバブル期にかけて日本では、オフィスビル、病院、マンションなどを次々と建設しました。建物本体は、適切なメンテナンスを施せばまだまだ使用していくことは可能でしょう。しかし、給排水や空調冷温水に欠かせない配管の赤錆劣化対策は難しく、建物本体の寿命は50年以上とされるのに対して、配管の寿命はその半分の20年から30年程度といわれています。

そんな中、日本システム企画が開発した「NMRパイプテクター®」が注目されています。配管の外側に設置するだけで配管の劣化を防止できるNMRパイプテクター®は、大規模な工事が必要なく画期的だと評されています。TOKYO MXのビジネス番組「企業魂」で、NMRパイプテクター®が詳しく取り上げられましたので本連載ではその内容をご紹介します。

日本システム企画株式会社の活動範囲

NMRパイプテクター®を開発した日本システム企画株式会社は、日本だけでなく世界のニーズにも応える為、現在日本に9拠点、イギリスとアメリカにも拠点を構えています。会社を設立した熊野社長は、幼少時から防錆に強い関心があり、ガラス瓶に水と錆びた釘を入れて、乾電池で錆をとめる実験をしたのが小学3年生の時でした。NMRパイプテクター®は、熊野社長のそういった研究者としての素養が存分に発揮され誕生したのです。そして、1996年7月より販売がスタートしました。

配管内の赤錆がもたらすトラブル

水道の蛇口から流れてくる水が、配管の鉄と酸素によって反応し、赤錆が発生します。蛇口から流れてくる水が赤く濁っていた経験はありませんか。

赤錆は水に溶けやすいため、水が濁る・臭いがするなどのトラブルの原因となります。上記のような赤錆を放置すると腐食が進み、赤水の発生だけではなく、配管閉塞や、配管を結合しているねじ山の脱落による漏水など、様々なトラブルが生じます。

従来の配管更新など赤錆対策が抱える課題

「配管のライニング工事(更生工事)」と「配管の更新工事(取替え工事)」が赤錆対策としてよく知られています。 ライニング工事とは、今ある配管の内側を研磨洗浄し、特殊な樹脂で配管内をコーティングする工事です。

しかし、研磨の際に配管自体が傷つき劣化するなどの欠点があり、7~10年程であらためて配管更新工事を行う必要があります。配管更新工事は大規模な工事でかかるコストも膨大な、配管を新品へと交換する工事です。ライニング工事、更新工事いずれの場合も、工事中は断水の必要があるため、建物の利用者には大変な不便を強いる事になります。

画期的な配管内防錆装置NMRパイプテクター®-NMRPT-

一方で、装置を配管の外側に取り付けるだけで設置工事は完了するNMRパイプテクター®の場合、優れた点を整理すると以下の3つが挙げられます。

  1. 費用が1/5~1/10で配管を建物寿命まで延命する
  2. 断水は必要なく、建物の使用に全く影響がない。
  3. 設置工事は1~2時間で完了し、ランニングコスト不要

NMRパイプテクター®の優れた機能

赤錆を黒錆に変化させる機能が、NMRパイプテクター®にはあります。水の凝集体を小さくし、その水の運動で発生する水の自由電子を利用することで、配管内の赤錆を黒錆に還元します。既存の赤錆を黒錆に還元し、新たな赤錆の発生を抑えつつ配管自体を強化します。

黒錆の驚くべき防錆効果

赤錆は水に溶けやすいため水を濁らせ、また体積も大きく赤錆閉塞である配管の詰まりを引き起こします。

一方で、体積は赤錆の10分の1以下の非常に堅い結晶である、黒錆は水に溶けません。黒錆は鉄の表面に緻密な皮膜を形成し、鉄を赤錆から守り、蒸気機関車や南部鉄瓶、中華鍋などの鉄のコーティングに使用されてきました。
黒錆のもつ利点を活かし、NMRパイプテクター®は配管の延命を実現しています。

多くのNMRパイプテクター®-NMRPT-の設置事例

NMRパイプテクター®を導入した2つの事例をご紹介します。

ホテルサーブ渋谷(空調冷温水配管)

東京都目黒区にある「ホテルサーブ渋谷」のセントラル空調は、熱源装置から冷房と暖房の水を循環させていますが、その空調冷温水配管内に赤錆の発生が確認されていたため、対策を打つ必要がありました。しかし、もし建物全体で冷温水配管を交換するとなると、1億6000万円という高額な予算と、約1年にわたる工事が必要となり、現実的には不可能でした。そのような状況で、導入の際に大規模な工事を必要しない点とコストパフォーマンスに魅力を感じ、ホテルの担当者はNMRパイプテクター®の導入を決めました。

NMRパイプテクター®導入前の水には細かな赤錆が沈殿して着色がありましたが、導入して約1ヶ月半後の水には何も見えなくなり透明になりました。NMRパイプテクター®導入の効果は絶大でした。NMRパイプテクター®の導入結果に満足した同ホテルの八木社長から、「赤錆は止まり、現在は非常に順調です。費用は1億6000万円かかるところが500万円で済みました。また、配管の取り換えも行わないので、休業しないで済みました。」と感謝の言葉を頂戴しました。今回の空調冷温水配管では、NMRパイプテクター®の導入費用は配管更新の1/30でした。給水配管の場合、配管更新に比べてNMRパイプテクター®の費用は5分の1~10分の1程度で済みます。当然給水管へ導入の際にも、断水を伴う大規模な工事を行う必要はありません。そのため、施設の機能を維持したまま赤錆対策をすることが可能です。多くのお客様からご満足いただけている理由として、圧倒的なコストパフォーマンスと設置工事の手軽さが挙げられます。

社会福祉法人城南会 ケアハウスしらさぎへ導入されたNMRパイプテクター®

NMRパイプテクター®を導入した重要施設の一つに、埼玉県さいたま市にある「社会福祉法人城南会 ケアハウスしらさぎ」があります。導入前は施設の設備点検のために、水やボイラーを止めると給水管と給湯管で赤錆が発生しており、毎回赤水が出るような状況でした。「驚くくらい赤錆が早くに無くなり、設備点検に対するストレスが一切なくなりました。導入して本当に良かった。」とNMRパイプテクター®導入の効果は絶大で、 同施設の統括事務長の新井氏から喜んで頂く事が出来ました。最短でおよそ1ヶ月でNMRパイプテクター®は、その効果を確認することができます。設置後におこなう効果測定では、赤錆が出ないという目に見える効果はもちろん、具体的な数値をもとに定量的に効果を評価する事が可能です。また、ランニングコストは消耗する部品や薬剤などを使用していないため不要です。 製品自体のメンテンス作業も必要ないので、保守管理に掛る人件費や負担を削減することにも繋がります。分かりやすい効果と導入後の手間の少なさも、お客様から評価を頂いている点です。

日本国内にとどまらず海外でもNMRパイプテクター®は高く評価され、多くの重要施設に導入されています。 海外での導入事例のご紹介とNMRパイプテクター®の今後の展望についてお話しします。

NMRパイプテクター®-NMRPT-の海外の導入事例

NMRパイプテクター®はバッキンガム宮殿でも採用

世界中で多くの建築物にNMRパイプテクター®は採用されています。 特に英国で多くの導入実績があり、バッキンガム宮殿、ウィンザー城、大英博物館をはじめ、ホテルや病院など200棟以上の建物で導入されています。ここで、英国女王の居城であるバッキンガム宮殿にNMRパイプテクター®が採用された経緯をご紹介します。

老舗高級百貨店「ハロッズ・デパート」へNMRパイプテクター®が導入される

はじまりは、イギリスの老舗高級百貨店「ハロッズ・デパート」のお客様用トイレで赤水が発生したことでした。NMRパイプテクター®がハロッズ・デパートに急遽導入され、約1ヶ月半で配管内の赤錆を黒錆に変えることで、赤水の発生を完全に止めることができました。

ウィンザー城へNMRパイプテクター®が導入される

当時、「ウィンザー城」もまた、給湯配管に赤錆問題を抱えていました。ハロッズ・デパートでの導入に満足したハロッズの役員によって、NMRパイプテクター®はウィンザー城へ紹介されました。設置前は赤茶色だった湯水が、ウィンザー城でも設置後まもなく透明になりました。

バッキンガム宮殿NMRパイプテクター®が導入される

同様に赤錆に頭を悩ませていたバッキンガム宮殿でも、そういった歴史的建築物における導入実績が評価され、NMRパイプテクター®が設置されました。 英国女王の部屋の周辺は安全保障上、原則立ち入りが禁止されています。そういった問題にも柔軟に対応する事が可能なので、女王陛下の部屋周辺に業者が立ち入ることなく、また騒音で困らせることもなく、NMRパイプテクター®工事を完了させ、赤錆に関わる問題をスマートに解決しました。このように、NMRパイプテクター®は国内外において防錆効果検証を行い、その結果多くの導入実績があります。

今後のNMRパイプテクター®の可能性

全国の水道管の多くが1960年代以降に整備されており、半世紀以上経過した現在、水道管の老朽化が問題となっています。その状況から、最後にNMRパイプテクター®の今後の可能性についてお話したいと思います。これまでNMRパイプテクター®は、建物・施設単位での導入が主でしたが、水道事業に貢献する事も可能であり、また必要とされるだろうと熊野社長は述べます。2018年に水道事業の民営化が可能となる改正水道法が成立し、翌年2019年10月より施行されました。

しかしながら老朽化した水道管を更新する為の見合う収入がないために、水道料金の値上げが必要になります。水道インフラを維持するために必要な予算について、政府試算では、30年で60兆円という途方もない数字がはじき出されています。このままでは、水道料金が大幅に上がることが心配されます。

しかしながら、水道の配管を取り換える費用の約20分の1以下で、NMRパイプテクター®は設置が可能です。日本システム企画株式会社が水道の配管のための市場を開拓し、水道料金を現在の水準に保ったまま水道事業が行えるよう、社会に貢献していくことが重要だと考えています。

コラム#24「TOKYO MXのビジネス番組「企業魂」でNMRパイプテクター®が紹介されました」|日本システム企画株式会社

関連リンク