「アペルザ」2020人気カタログランキングTOP15にランクインしました!

アペルザ
「アペルザカタログ(Aperza Catalog)」は製造業向けカタログポータルサイトです。 登録されているカタログは4万点以上という大規模なサイトです。 2021年1月5日に特集掲載された、「2020人気カタログランキングTOP」にて当社製品の「NMRパイプテクター」のカタログがTOP15にランクインしました! 本ランキングでは2020年に最も閲覧されたカタログTOP100をランキングしたもので、集計期間は2020年1月1日〜12月31日のものです。 多くのお客様に「NMRパイプテクター」のカタログをご閲覧・ダウンロード頂き誠にありがとうございます。 さらに詳しい資料のご請求は当サイトからでも無料で承ります。 製品に対するご質問など、まずはお気軽にお問合せください。 2020年11月30日現在、イプロスにて当社製品「NMRパイプテクター」が製品総合ランキング第1位にランクインしています! 多くのお客様に関心をいただき誠にありがとうございます。 イプロスで会員登録をされたお客様は、イプロスのサイトからNMRパイプテクターについての簡易資料のダウンロードが可能です。 さらに詳しい資料のご請求は特設サイトやもちろん当サイトからでも無料で承ります。 製品に対するご質問など、まずはお気軽にお問合せください。

関連リンク

NMRパイプテクターが 「イプロス」製品総合ランキング1位になりました!

「イプロスものづくり」は閲覧会員数が120万人、出展企業数が4万社以上の日本最大級のBtoBデータベースサイトです。 2020年11月30日現在、イプロスにて当社製品「NMRパイプテクター」が製品総合ランキング第1位にランクインしています! 多くのお客様に関心をいただき誠にありがとうございます。 イプロスで会員登録をされたお客様は、イプロスのサイトからNMRパイプテクターについての簡易資料のダウンロードが可能です。 さらに詳しい資料のご請求は特設サイトやもちろん当サイトからでも無料で承ります。 製品に対するご質問など、まずはお気軽にお問合せください。

関連リンク

NMRパイプテクターが「建材トレンド」人気建材ランキング1位になりました!

建材トレンド

NMRパイプテクターが建材商品情報サイト「建材トレンド」にて紹介されています。 2020年7月1日時点で、NMRパイプテクターが「建材トレンド」にて人気建材ランキング1位になりました! たくさんのお客様にご好評を頂きありがとうございます。 当サイト「建材トレンド」は住宅リフォーム業界唯一の専門誌「リフォーム産業新聞」を発行する、リフォーム産業新聞社が運営しています。 注目の建材10,165商品とメーカー960社を網羅し、ご紹介している大規模なサイトです。

関連リンク

当社製品「NMRパイプテクター®」が 防錆技術世界トップ10に選ばれました

日本システム企画株式会社の「NMRパイプテクター」が2020年3月12日に2020年防錆技術世界のトップ10に選ばれ、マニュファクチャリング・テクノロジー・インサイト(米国製造技術誌)で紹介されました。
その記事の中で、「完全な赤錆防止技術」として日本システム企画株式会社及びその製品「NMRパイプテクター」は外部電源を必要とせず、又、薬剤も必要とせず、配管内の赤錆及びヌメリの原因となる単細胞雑菌を防ぐ環境に優しい製品・技術として紹介されました。

マニュファクチャリング・テクノロジー・インサイト(米国製造技術誌)

~和訳~

日本システム企画株式会社~腐食劣化のない配管を実現~

「NMRパイプテクターは外部電源や防錆剤を使わず、配管内の赤錆劣化、さらにはバクテリア問題も解決します。環境に優しい製品なんです」

観光客で賑わいを見せるロンドンから、耳よりな知らせが届いた。 歴史的な博物館や壮麗な宮殿から、かの著名なロンドン・アイに至るまで、この街には観光スポットが目白押しだ。 観光客だけではない。見事な博物館や宮殿の数々は、地元の人たちにも長年愛されてきた。そのかたわら、そのような大きな建物を維持するには、水面下で多大な労力を要する。ロンドンの博物館を象徴する大英博物館もその一つだ。 ロンドンにある博物館といえば誰もが思い浮かべるだろう大英博物館は、260年の古い歴史をもつ。しかし、この博物館は年々、空調温水配管のなかに赤錆ヘドロが溜まるようになった。配管内の腐食した部分に穴が開き、そこから漏れる赤く濁った水で美術品が汚れる恐れがあったのだ。 博物館の運営陣は、配管を守り、確実に問題を解決する手を急ぎ打つ必要があった。

 そこで注目されたのが、日本システム企画社の開発する製品。1988年に防錆装置のメーカーとして設立して以来、日本システム企画は世界で類を見ない独自の技術「NMRパイプテクター®」を製造販売してきた。製品寿命を通じてランニングコストがゼロで、赤錆の生じた配管からの漏水などの問題を解決し、配管の保護延命を達成するというものだ。 大英博物館にも、赤錆腐食からの保護延命を目的とし、空調温水配管に「NMRパイプテクター®」PT-250DSが設置された。設置前は20 ㎎/ℓだった水中の鉄分値が、設置後1週間で12.2 ㎎/ℓに下がり、5週間後にはちょうど測定限界値の 0.2 ㎎/ℓまで減少するに至った。 日本システム企画は設立以来多くの成功事例を収めており、今後も水配管内の赤錆による腐食問題を、革新的といえる自社の防錆装置で解決していく。 現在、「NMRパイプテクター®」の輝かしい設置実績は全世界で4,100件を超えた。大英博物館をはじめ、ロンドンの由緒正しい有名な建物もその一部だ。 同社を成功に導いているのは、すべての業務の舵を取る代表取締役 社長の熊野 活行氏。

熊野社長は、革命的な技術である「NMRパイプテクター®」の発明者として、配管業界がこれまでに配管、特に空調冷温水配管内の赤錆腐食に由来する問題に対処しようと試みたやり方とは、まったく異なる方法を提案した。 赤錆問題の解決策である「NMRパイプテクター®」は、配管内にすでに生じた赤錆(水酸化鉄)を黒錆(マグネタイト)に変え、水配管の寿命を少なくとも40年は延命する。 「NMRパイプテクターは外部電源や防錆剤を使わず、配管内の赤錆劣化、さらにはバクテリア問題も解決します。環境に優しい製品なんです」と語るのは、日本システム企画イギリス支店の専務取締役であるピーター・ゴスリング氏。 製品の特徴はそれだけではない。配管内の異種金属接続部に電位差腐食が生じるのを防ぎ、40年という耐用年数のあいだ、ランニングコストは一切かからない。 今後、日本システム企画はアメリカやヨーロッパ諸国の公共施設、メンテナンス市場への参入を目指す。 質の高い技術を社会に提供し、地球規模で環境の改善に努める日本システム企画に、世界が注目する。

冬季休業のお知らせ

2020年12月23日

拝啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申しあげます。
さて、誠に勝手ながら弊社では下記の期間を休業とさせて頂きます。
期間中はご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

敬具

■冬季休業期間
2020年12月26日(土) ~ 2021年1月3日(日)

なお、お問い合わせフォームでは、冬季休業に関わらず24時間いつでもお問い合わせを受け付けております。
※休業期間中のお問い合わせにつきましては、2021年1月4日(月)以降、順次ご対応させて頂きます。

今後とも変らぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

ミャンマーで発行の日本語情報誌「MYANMAR JAPON」 2019年7月号 vol.73号

「MYANMAR JAPON」 2019年7月号 vol.73号

ミャンマーで発行されている日本語情報誌「MYANMAR JAPON」の2019年7月号 vol.73号にて、当社代表取締役社長の熊野活行によるミャンマーでの社会貢献活動内容が掲載されました。本誌のKEY PERSONとして表紙でも大きく紹介されています。

「MYANMAR JAPON」 2019年7月号 vol.73号

ミャンマーの在住者なら一度は聞いたことがあるであろう「ジャパンパゴダ」ことアウンザブタイヤ寺院へ301体の国宝級の仏像が収集されました。そのすべてを弊社代表取締役社長 熊野は寺院に寄進しました。

熊野は1992年からモンゴルを支援しはじめ、現地に大学を設立、中古の医療器具を寄付するなど約10年以上に渡りサポートしてきました。

本誌では、そんな熊野のミャンマーでのボランティア活動のきっかけや、経歴が詳しく紹介されています。


「MYANMAR JAPON」 2019年7月号 vol.73号

▼本誌をPDFで大きくみる
ミャンマーで発行の日本語情報誌「MYANMAR JAPON」 2019年7月号 vol.73号

関連情報

ミャンマーと日本国との相互交流活動、及び相互支援を行う為に2002年9月に熊野 活行(日本システム企画株式会社 代表取締役社長)が、設立した「一般財団法人 日本ミャンマー友好交流協会」。本協会ではミャンマー国の子供たちへの教育と医療支援、及び文化財の保護を主に活動しています。

日本ミャンマー友好交流協会 公式サイト

2018年3月14日「空調タイムス」取材記事掲載のお知らせ

空調設備・製造・管理向けの専門新聞「空調タイムス」(3/14号)特集、水処理技術のコーナーへ「NMRパイプテクター」取材記事、並びに広告が掲載されました。

当記事は「NMRパイプテクター」の実績のほか、技術的な説明まで記載されており、老朽化した施設に対しエアコンなどの空調設備に刷新せずとも従来の設備を活用してコストを大幅に削減可能である事まで詳細に記載されています。

空調タイムス

2018年3月15日

2017年11月「ワールドビジネスサテライト」にてNMRパイプテクターが紹介!

テレビ東京 報道番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」

2017年11月6日、テレビ東京 報道番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」にてNMRパイプテクターが特集され紹介されました!

番組ではマンションなど集合住宅の給水管やイギリスのバッキンガム宮殿、大英博物館への導入事例が紹介されました。

この他にも病院・介護施設、ホテル・旅館、銀行、工場、オフィスビル、学校など公共施設、商業施設など、NMRパイプテクターはジャンルを問わず様々な建物に導入されています。

2020年3月時点でNMRパイプテクターの累計導入実績は4,200棟を突破!そのうち、約3000棟がマンションへの導入です。

放送概要

放映日:2017年11月6日(火)23:00~24:00内 特集7~8分間

2017年11月7日

2016年2月 JICAによる中小企業海外展開支援事業(案件化調査)において当社提案の「ベトナムでの防錆装置による病院給水管 の赤錆及び漏水防止に係る案件化調査」を採択

独立行政法人国際協力機構(JICA)が2016 年 2 月 22 日、当社技術であるNMRパイプテクターを「オンリーワンの配管更生技術で世界の水道インフラ延命へ」とのタイトルにてプレスリリースを発行しております。

JICAは中小企業を対象とした「中小企業海外展開支援事業(案件化調査)」を実施しており、案件化調査は途上国の開発ニーズと日本の中小企業の優れた製品・技術等とのマッチングを行い、製品・技術を ODA事業に活用するための情報収集・事業計画立案等を支援することを目的としたもので、2012 年度から実施されています。
当社における技術をODA事業とすべく2015 年度 9 月よりベトナムで調査を行っています。

ベトナムでは 1990 年代後半からの著しい経済成長に伴ってインフラ整備が課題となっていますが、老朽化が進む建物での給水管の腐食による赤水・漏水も建物の維持管理を考える上で深刻な問題となっています。
そこで、当社配管防錆装置NMRパイプテクターに白羽の矢が立ち、配管内赤錆腐食が深刻なビンフック省の病院を対象に調査を行っていた次第です。

JICAによるプレスリリース
https://www2.jica.go.jp/ja/priv_sme_partner/document/629/A152-056_press.pdf

 

2016年6月2日

2016年3月:「北海道建設新聞3月25日号」へ当社の配管防錆装置「NMRパイプテクター」の紹介記事掲載

「北海道建設新聞」3月25日号へ「給配水管延命など学ぶ」として北海道外壁補修工事協同組合が勉強会を開催し、日本システム企画の北海道営業所 松下所長が配管防錆装置「NMRパイプテクター」を紹介した記事が掲載されました。
北海道建設新聞 http://e-kensin.net/
北海道新聞2015/10/16
2016年3月30日