NMRパイプテクター®-NMRPT-による給水管の赤錆防止効果を築後40年のコープ野村南石切が証言

築後40年のマンションで赤錆劣化が全くない給水管が存在

1978年に建築された、3階建て24戸のコープ野村南石切(宮城県仙台市若林区)が赤錆防止装置『NMRパイプテクター®』を設置し、15年以上が経過した2017年に取材を行いました。

20018月に築24年目を迎えた時に、コープ野村南石切はNMRパイプテクター®を設置しました。

NMRパイプテクター®は給水管ばかりでなく、排水管の赤錆劣化を防止していたので今後の、配管の取り替え工事の予定はない」と営繕担当理事の古田武さんは説明しました。

NMRパイプテクター®は、赤錆を黒錆に還元し、配管内の赤錆防止を行い、結果として配管の強度を上げる優れた機能を持つ製品です。

配管は経年劣化によって赤錆が発生し、それによりボロボロになるまで腐食劣化します。

赤錆は、赤錆閉塞や配管の接合部のネジ山を脱落させ、地震により外れ漏水を起こします。

コープ野村南石切ではNMRパイプテクター®を設置してから、15年後に配管の抜管調査を行いました。

高架水槽の2次側配管と、住居内部の排水管を抜管して、配管内部調査を行ったところ、給水管と排水管両方とも赤錆劣化の進行はほとんどありませんでした。

新規の赤錆劣化を防止したのみならず、配管内部の表面は黒錆化されて、配管更生が確認できました。

また、排水管の内部も同様に、赤錆劣化はほとんど進行せず、15年前の状態を維持していました。

 

赤錆の「黒錆化」が最も大切

配管の延命には、赤錆の黒錆化が最も大切です。

黒錆は、鉄瓶や中華鍋などを赤錆劣化から鉄を守る防錆コーティングとして昔から使用されてきました

黒錆は大昔から使われており、奈良時代や平安時代に建てられた、神社やお寺の釘、蝶番などに使用され何百年と赤錆を防いできました。

黒錆は水に溶解せず、何百年と赤錆から鉄を守ってくれます。

黒錆は体積が赤錆の1/10なので、閉塞を改善させ、建物が寿命を迎えるまで配管を延命させます。

NMRパイプテクター®の赤錆の黒錆化による防錆効果は、1人当たり200L300Lの水の使用量なら40年以上もその効果が持続します。

NMRパイプテクター®によって建物の配管の寿命を30年以上延命させた事例は多々あります。

 

NMRパイプテクター®は排水管内の汚れを減少させ、その洗浄コストを30%削減しました。

コープ野村南石切では、今まで年に1回実施していた排水管の洗浄回数をNMRパイプテクター®を設置してからは、30%も減らすことに成功しました。

古田さんは当時、排水弁に溜まった堆積物を見てびっくり、油のカスやヘドロだけでなく、赤錆の塊までありました。

赤錆やヘドロなどを取り除くには、専用の洗剤を使用するか、高圧洗浄機で配管を高圧洗浄するしか方法はありませんが、当然コストがかかります。

従来の配管洗浄だと2年か3年後にぬめりや細菌の繁殖により、再度配管を洗浄する必要があります。

それを繰り返しているとコストがかかる上に、赤錆部分を削ぎ落とす為、配管の寿命は縮まります。

配管洗浄は配管の寿命を短くし、配管の取り替え工事も早まりますが、NMRパイプテクター®は低コストでそれらの問題を解決し、さらに雑菌を抑制し、ぬめりや水垢などの汚れを減少させ、洗浄回数を減少させます。

 

NMRパイプテクター®は配管寿命を建物の寿命まで延命させます

NMRパイプテクター®は赤錆の黒錆化によって給水管の更新を不必要にする事が立証されました。

コープ野村南石切では、リフォームした部屋があり、その時に配管を一部更新して古い配管が入手できたので、古田さんはそれを抜管して内部を確認したところ、内部は赤錆劣化がほとんどなかったので、給水管、排水管両方とも建替えまで更新工事は不必要と確信したそうです。

 

NMRパイプテクター®が示した赤錆防止 配管延命効果

コープ野村南石切の営繕担当理事の古田さんは、築年数が約40年の建物の給水管と排水管の内部を確認し、NMRパイプテクター®の防錆効果と配管延命効果を改めて実感したと述べています。

一般的にマンションの給水管は30年経過すると、ほとんどの場合で更新工事が必要になる事から、築40で赤錆劣化がほとんどない配管が存在する事は、誰も信じがたい事ですが、実際にNMRパイプテクター®を設置すればそれは実現する事が良く分かったと古田さんは述べています。

マンション管理新聞
マンション管理新聞 2017年3月25日 掲載「NMRパイプテクター」

関連情報