歴史あるウィッティントン病院でもNMRパイプテクター®-NMRPT-導入

NMRパイプテクター®が導入された
「ウィッティントン病院」

配管設備の劣化について

建物設備の中でも重要な設備である給水等の配管ですが、築年数の経過によって赤錆が発生し、配管の劣化が進みます。もし、蛇口から赤く変色した水が出た場合は、赤錆が水中に溶けだしている為に要注意です。さらに赤錆腐食が進むと赤錆による配管の詰まりや、水漏れのリスクがあります。このような赤錆劣化問題に効果的なのが、配管内赤錆防止装置NMRパイプテクター®です。 世界中で導入されているNMRパイプテクター®の中で今回は、英国ウィッティントン病院の事例について紹介します。

英国のウィッティントン病院について

ロンドン北部のハイゲイト・ヒルに位置するウィッティントン病院は、所在する地域では最大規模の医療機関のひとつです。 ウィッティントン病院は、当時近隣にあった3つの病院を統合することで1860年代に建設された歴史ある医療機関です。現在地域の中核病院として機能していますその中でも最も古い病院は、天然痘病棟であり、1745年に設立された医療機関でその名の通り、天然痘患者の収容や種痘接種を目的に作られ、1855年に発生した天然痘の大流行時には1000人を超える患者を受け入れた歴史的にも重要な病院です。

童話をもとにした猫が出迎えるウィッティントン病院

英国には「ウィッティントンの猫」と呼ばれる有名な童話があり、ウィッティントン病院の近くには、その童話に登場する猫の石像があります。ハイゲイト・ヒルは、童話中で主人公のディック・ウィッティントン少年が物語中立ち寄った場所とされており、ウィッティントン病院のロゴマークにも猫が使われています。

給湯配管の劣化により赤水が発生

建物の老朽化が進んでいたウィッティントン病院は、給湯配管も前回配管更新されてから、およそ30~40年程度経過していました。亜鉛めっき鋼管を使用していた、簡易手術室や管理室、無菌室の配管では赤錆腐食の為、毎朝赤水が発生するようになりました。このまま赤錆腐食が進行すれば、配管内閉塞や水漏れなどのリスクが高く、赤錆問題解決の為にNMRパイプテクター®導入を決定しました。

配管内赤錆防止装置NMRパイプテクター®-NMRPT-とは

赤錆を黒錆に還元する技術であるNMRパイプテクター®は、赤錆で覆われた配管内の表面に黒錆の皮膜を形成することで、鉄を赤錆から守ります。黒錆は、南部鉄瓶や中華鍋などでも、表面を赤錆から防ぐ為に使用されています。

世界中で防錆実績のあるNMRパイプテクター®-NMRPT-

発売されて25年以上、多くの施設にてご好評頂いており、NMRパイプテクター®は2020年時点で4,200棟の導入実績数があります。日本国内はもちろん、海外でも多く利用いただいています。マンションを中心に行政施設や公共施設、商業施設など多種多様な建物で導入が可能で、配管の種類にも柔軟に対応しています。

即効性のあるNMRパイプテクター®-NMRPT-の防錆効果

NMRパイプテクター®は、最短で1か月以内で効果を確認できたというお客様も珍しくありません。特に赤水の場合は、数日~数週間で水の着色が無くなってくるのが分かる為に、防錆効果を実感いただけます。実際に今回紹介しているウィッティントン病院でも、設置後すぐに効果が立証されています。

NMRパイプテクター®-NMRPT-の設置後の防錆効果

NMRパイプテクター®の設置前、ウィッティントン病院では、夜間滞留しているお湯の鉄分値は1リットル当たり7.3㎎でした。イギリスにおける水道法に基づく水質基準値は1リットル当たり0.2㎎ですから、その36倍以上と大幅に鉄分値を超えている調査結果で、赤錆腐食が大変進んでいる事が分かります。NMPパイプテクターを設置19日後には0.4㎎にまで減少し、設置前の数値と比較すると、95%弱減少した形です。さらに設置29日後の結果では、1リットル当たり0.08㎎とさらに減少しました。イギリスの水質基準値を大きく下回るレベルにまで改善し、赤水の改善と新規の赤錆発生が完全に防止された事で、給湯配管が長期延命された事が立証されました。

NMRパイプテクター®-NMRPT-で建物寿命まで配管を延命

40年以上延命することを目的で、ウィッティントン病院はNMRパイプテクター®を導入しました。その結果、配管の内側が黒錆で保護され、赤錆腐食が進行する事もなくなり、 NMRパイプテクター®が設置されている限り建物寿命まで配管を使用できるようになったのです。

配管更新に比べ導入コストを大幅削減可能

高額な費用が必要な、配管の修繕や交換ですが、配管更新の場合、国内の一般的なマンションで1戸当たり60~100万円程度が相場です。NMRパイプテクター®を導入すれば赤錆を防げ、NMRパイプテクター®が設置されている限り、 ウィッティントン病院の事例のように建物寿命まで配管を交換することなく使用できます。また、導入にかかる費用は配管更新と比較して、NMRパイプテクター®は1/10~1/5程度です。実に80~90%のコスト削減が期待できる計算です。

導入時の断水不要

大掛かりな工事が必要な配管更新工事の場合、断水もしなければなりません。 NMRパイプテクター®については、配管の外側に装着する装置の為に、断水する必要はなく、水が使えなくなり、施設の利用や生活に支障をきたす心配もありません。

今回は、ウィッティントン病院の事例を紹介いたしました。

安心安全な水と配管を維持する為にも、ぜひNMRパイプテクター®の導入をご検討ください!

関連リンク