2015年5月:英国キャサリン妃が出産した「聖メアリー病院」のMRI冷却系統に「NMRパイプテクター」を設置

聖メアリー病院
英国キャサリン妃、故ダイアナ妃が出産した「聖メアリー病院」のMRI冷却系統に「NMRパイプテクター」を設置
現在、英国ではキャサリン妃が第2子である王女を出産された事で盛り上がりを見せていますが、キャサリン妃が出産した「聖メアリー病院」の4台のMRIの冷却系統に、「NMRパイプテクター」が4台(PT-30DSを3台、PT-50DSを1台)設置され全ての配管内赤錆防止効果が検証されました。
(設置日:2014年6月13日)
「聖メアリー病院」はロンドン・パディントンにある、設立1845年の由緒ある病院で、キャサリン妃は第1子ジョージ王子もこちらで出産されています。かつてダイアナ妃もこちらの病院でウイリアム王子とハリー王子を出産されており、イギリス王室とゆかりの深い由緒ある病院です。
また、「聖メアリー病院」は1928年にイギリスの細菌学者であるアレクサンダー・フレミングが世界初の抗生物質「ペニシリン」を発見した病院であり、1945年に「ノーベル生理学・医学賞」を受賞した、世界的に著名な病院でもあります。
2015年5月24日

2015年1月:「PRESIDENT Online (プレジデントオンライン)」へ記事が掲載されました

株式会社プレジデント社が発行しておりますビジネスリーダーの指針となる経営戦略&自己啓発・ビジネスマーケティング情報誌「PRESIDENT(プレジデント)」のオンライン版「プレジデントオンライン」へ熊野社長、並びに「NMRパイプテクター」についての記事が掲載されました。

http://president.jp/articles/-/14317

 

2015年1月18日

2013年12月 「水道産業新聞」へ製品記事が掲載されました

10月23~25日に郡山市で開かれた公益社団法人日本水道協会「平成25年度全国会議(水道研究発表会)」に於いてよる残留塩素濃度低下問題を解決する論文が発表されました。
発表にあたって、同水道局の実証実験に使用された「特定の電磁波を応用した防錆装置」は当社の「NMRパイプテクター」である事により、上水道に特化した専門新聞(官公庁・自治体・団体・大学などへの専門分野へ主に発行)である「水道産業新聞」より取材を受け、12/16発行(4875号)へ記事が掲載されました。

2013年12月18日

2013年11月「日本水道新聞」へ製品記事が掲載されました

10月23~25日に郡山市で開かれた公益社団法人日本水道協会「平成25年度全国会議(水道研究発表会)」に於いて残留塩素濃度低下問題を解決する論文が発表されました。
発表にあたって、同水道局の実証実験に使用された「特定の電磁波を応用した防錆装置」は当社の「NMRパイプテクター」である事により、上水道に特化した専門新聞(官公庁・自治体・団体・大学などへの専門分野へ主に発行)である「日本水道新聞」より取材を受け、11/14発行(5005号)へ記事が掲載されました。

2013年11月3日