配管寿命を建物寿命まで延命するNMRパイプテクター®-NMRPT-

赤錆劣化した給水管イメージ

配管を延命させる為に赤錆を除去する手法として、配管洗浄やサンドブラストがありますが、配管内を傷つけてしまう為に、結果として配管の強度を低下させてしまいます。配管内赤錆防止装置「NMRパイプテクター®」は、配管内に発生している赤錆を流さずに、黒錆への還元によって配管内を強化させる事で、配管寿命を建物寿命まで延命できます。また、配管内の水に直接触れる事のない装置の為に、水の安全面でも安心です。

技術の進歩により、建物は長寿命化してきていますが、建物の重要な設備である、給水配管(ビニールライニング鋼管)、空調冷温水配管(亜鉛メッキ鋼管)などの配管寿命は一般的に建物寿命の半分以下となっています。普段目にすることがない配管内は、経年と共に赤錆劣化が進行し、赤水や漏水等のトラブルが発生してから配管内の劣化に気付く事も珍しくはありません。配管設備のメンテナンスなどをせずに、そのまま長期継続して使用し続ける事は、赤錆腐食を進行させる為、非常にリスクがあります。

NMR(核磁気共鳴)を利用する、配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター®」は、配管内の赤錆を黒錆に還元する事で赤錆劣化を防止し、さらには配管の更生・強化をすることができます。この黒錆は水に溶けない固い結晶の不動態となり、赤錆に比べ体積が10分の1以下のため、赤錆を黒錆に変化させることで配管内の赤錆閉塞を改善させます。給水配管(ビニールライニング鋼管)や空調冷温水配管(亜鉛メッキ鋼管)などの配管寿命を長期延命する為には、NMRパイプテクター®が最適といえます。NMRパイプテクター®は、配管寿命を建物寿命まで延命する事を目的とした装置であることから、配管更新工事の心配する事なく建物を使用いただけます。

関連リンク